まるごと応援!あなたの保育。 あそびと環境0.1.2歳

0・1・2歳児の姿に合わせた援助や保育内容が役立ちます。 0・1・2歳児の年齢別指導計画を掲載
月刊(毎月2日発売)
AB判72〜84ページ 定価1,080円(本体1,000円)
定期購読の申込みはこちら
あそびと環境0.1.2歳
2016GAKKEN夏の講習会 神戸・福岡・東京
◆9月号は、子どもの描画と発達のつながりなど、日々の保育に生きる情報が満載です◆
特集 子どもたちの絵と育ち

子どもが絵を描くことには、どんな意味があるのでしょうか? 絵を描く活動を始めるとき、どんなアプローチをすればよいのかや、子どもが自ら確かめ、発見したり、試したりするプロセスに、保育者はどうかかわればよいのかなど、「描くあそび」の最初の一歩を考えます。


▲「描く姿」と「生活とあそびの姿」を照らし合わせながら、子どもの育ちを追います。


▲「円を描く」「イメージする」など、描画にかかわる育ちの姿がよくわかります。

 
0.1.2歳児のための園庭活用アイディア

園庭は、外に広がる大きな保育室。使い方や工夫次第で、いろいろな楽しさが生まれます。0.1.2歳児にとっての園庭環境をどうとらえ、活用していけばよいのでしょうか。「専用」「砂場」「ベンチ」など、園庭活用のポイントをキーワード別に紹介します。




◆せいさくあそびから指導計画まで、0.1.2歳児の保育に役立つ情報がそろっています◆

★ 0.1.2歳児 せいさくあそび
  ひらひら赤トンボ、ふかふかブドウ ほか
★ あそびが生まれる 手作りおもちゃ
  着せ替えクマちゃん、長いポットン ほか
★ 指導計画と保育のアイディア9月

▲0.1.2歳児 せいさくあそび

▲あそびが生まれる 手作りおもちゃ

▲指導計画と保育のアイディア9月
 
◆0.1.2歳児担当なら知っておきたい保育情報をピックアップ◆
知っておきたい けいれんの対応法

全身が硬直したり、がたがたと震えたりするけいれん発作。突然起こるのでびっくりするものですが、いざというときに慌てないよう、対応法を知っておきましょう。けいれん時のチェックポインを知って、救急車を呼ぶ目安を確認しておきましょう。




保育者間での「危機管理」できていますか?

保育の現場は、予測もしないことの連続です。園での事故やけがは、保育者がちょっと目を離したその一瞬に起きるものです。でも、保育者間の連携を深めることで、事故やけがを減らすことができます。保育者間の連携と事故防止について考えます。

◆毎月付く、オリジナルのお楽しみカード◆
とじ込み付録 お楽しみカードシアター

「しょうじょうじのたぬきばやし」の歌に合わせて、たぬきの腕を動かしてあそびましょう。たぬきがおなかを「ぽんぽこぽん」とたたけば、子どもたちもまねして「ぽんぽこぽん」。お月見の季節にぴったりの歌あそびです。

2016がっけんのえほん・ピコロ・あそびと環境0.1.2歳 スペシャル動画
2016年度あそびと環境0.1.2歳4月号のご紹介はこちら